大野ゆうじ 地元奈良から発信

24年間の国土交通省での経験、4年半の国際機関アジア開発銀行での経験を活かし、奈良市を世界に誇れるまちへ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

奈良学生ガイド新年会に参加して

 僕は、学生時代ボランティアで外国人を奈良公園などに案内するガイドをしていた。このボランティアガイドの組織は、50年近く続いている立派なクラブだ。仮に年間1000人の外国人を案内したとすると、既に5万人を案内したことになる。草の根の国際協力とはこのようなものだ。日本の観光地を訪問し感動して帰ってもらうだけでなく、日本人と交流を持ち、日本人に好感を持ってもらうことは重要だ。僕は、国際機関で4年半働いていたが、外国人に日本人に対し好感を持ってもらうことが国際社会でいかに重要か身に染みてわかる。中国でも、日本人に好感を持って帰国した中国人と、日本人と会ったこともない中国人では、対日感情が全然違う。また、奈良の良さを海外に宣伝するという意味でも大変貢献していると思う。
 今回は、久しぶりに新年会に参加した。新年会は、あしびの郷という素晴らしい複合施設で行われた。奈良町にある古い家を改造して奈良の良さを出している。以前一緒にガイドをした仲間とも再会でき感激した。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。