大野ゆうじ 地元奈良から発信

24年間の国土交通省での経験、4年半の国際機関アジア開発銀行での経験を活かし、奈良市を世界に誇れるまちへ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

私が考える公務員制度改革

 私は大学を出て運輸省に入りましたが、最初の研修で確か中曽根元首相のお言葉だったと思いますが訓示をいただきました。公務員で一番重要なことは能力ではない、やる気でもない、実は公平性だと。いくらやる気があって能力があっても、公平でない役人ほど恐ろしいものはない。声の大きい人の意見を尊重するのではなく、声なき声を大切にする。これが公務員の基本だと教え込まれた。
 同様に威張る役人は最低だ。威張ることができるから高級官僚になったという話を仲間内で聞いたことがあるが、最悪だ。市民はお客様という目線に立って仕事をするように意識を変える。丁寧に対応した市民から「有難う」という言葉を聞いて、次も頑張るぞとつつましく思うのが良い。
 役人という世界にどっぷり浸かっていると役人の論理が身についてしまう。役人の実績評価は難しい。それを良いことにさぼる人が出てくる。どこの組織も10人いれば1人ぐらいさぼる人が出てくるが、役人の場合、年を重ねれば昇給する年功序列型の人事がまかり通ってきた。これでは頑張った人が報われない。頑張った人が報われる公平な人事は極めて重要。
 人事制度は組織を活性化する要。組織は人なり、人を大切にしない改革は失敗する。市民に仕える役人といえども人、人を大切にし、柔軟な人事制度にすることが組織を活性化すると思う。外から新しい人材を入れる、外に出かけて勉強する、奈良市の職員はすごいと言われるように切磋琢磨ポテンシャルを高めることが住民に満足のいくサービスを提供するうえで重要と思う。天下りの問題も、役人が民間から尊敬される高い能力を持てば解消する。
次に重要な意識改革は、組織の縦割り意識を変えること。市役所の窓口では、ある窓口では市民が列をなして市の職員が必至に対応している、しかし他の窓口では職員が手持ち無沙汰で腰かけている、さらに後ろの方ではゆったりと仕事をしている人がいる光景を目にすることも。課と課の垣根を低くし助け合う仕組みを作れば、住民サービスも良くなるし、少ない人で業務をこなせるはずだ。
 さらに目的意識を共有すること。どういう目的を持ってどういう方向を向いて仕事を行うのか。私が4年半勤務した国際機関アジア開発銀行では貧困の撲滅という価値観を共有して違った国籍の人が一つを向いて仕事をしてきた。行政が明確な方向性を持つことは重要だ。これは市長の仕事。
 皆で知恵を出せば役所の組織や人事はどんどん良くなると思う。アジア開発銀行での欧米流の人事は日本と全然違う。人を評価するのは人類の永遠の課題というほど難しいが、どこの国であっても、つねに問題点を把握して経験を踏まえて改善していくことが重要と思う。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。